親知らずなどのトラブルは~口腔外科~

悪影響を及ぼす親知らずは早めに抜きましょう

悪影響を及ぼす親知らずは早めに抜きましょう

昔から「親知らずは抜いたほうがいい」と言われます。なぜでしょうか? それは痛みを伴ったり、歯並びが悪くなったりするだけでなく、放置すれば虫歯や歯周病にも発展するからにほかなりません。また、隣の歯を虫歯にもします。生え方によっては、歯みがきがうまく行えなかったり、食事に支障をきたしたりと、歯の手入れや日常生活にも大きな影響を与えます。

こちらでは、小金井市の歯医者「岡山歯科・あゆみ矯正歯科」が親知らずや口腔外科についてお伝えします。

健康な親知らずは抜歯後に移植できます

  • 健康な親知らずは抜歯後に移植できます
  • 健康な親知らずは抜歯後に移植できます
  • 健康な親知らずは抜歯後に移植できます

重度の虫歯で抜けてしまった歯の代わりに、抜いた親知らずを移植する移植するという治療法があるのをご存じですか? これは「歯牙移植(しがいしょく)」と言い、歯と共に歯の周囲の組織も移植するため、からだにもなじみやすく、自然な咬み心地を取り戻せる治療法でもあります。

移植を行う条件

どんな場合でも歯牙移植が行えるとは限りません。当院では、患者さんの状態を精査した上で治療法をご提案します。ご希望の方はまずは一度ご相談ください。

当院に診療予約される方はこちら

文字サイズ
  • 中
  • 大

トップへ戻る