歯並び改善が健康に繋がります~矯正歯科~

見た目の改善としっかりと咬むための矯正治療です

見た目の改善としっかりと咬むための矯正治療です

単に歯列を整えて外見を改善することだけが矯正治療の目標ではありません。乱れた歯並びを整え、咬み合わせを正しくする治療を行うことで、咬む機能を強化したり、虫歯や歯周病になりやすい体質を改善したりといった、さまざまなメリットがもたらされます。

小金井市の歯医者「岡山歯科・あゆみ矯正歯科」では、日本矯正歯科学会認定医が皆さまのご要望に沿った矯正治療をご提供します。こちらでは、当院が矯正治療についてお伝えします。

見た目だけでなく虫歯や歯周病予防にも繋がります

見た目だけでなく虫歯や歯周病予防にも繋がります

矯正歯科は、歯並びのせいで周囲への印象を懸念されている方や、歯列を整えて表情に自信を取り戻したいという方だけでなく、噛み合わせがうまくいかない方、歯の健康や口もとのことでお悩みの方に広くおすすめしています。

また、歯磨きで磨き残しを防ぐことは、虫歯予防、歯周病予防の基本ですが、歯並びが整うことで歯磨きもスムーズに行えるようになり、磨き残しも改善され、結果として虫歯や歯周病にもかかりにくくなります。矯正治療にはさまざまな効果、メリットがあると言えます。

矯正治療をした方がいい歯並び

上顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
交叉咬合
(こうさこうごう)
上顎前突(じょうげがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) 交叉咬合(こうさこうごう)
出っ歯といわれる症状です。上の歯が下の歯よりも大きく前に突き出しています。上顎全体が突き出ている場合もあります。 受け口といわれる症状です。反対咬合とも呼ばれます。上顎前突と反対に下の歯が前に突き出しています。咬みづらい咬み合わせです。 上下の歯が前に突き出ていて、唇が閉じくくなっている状態。 奥歯を咬みしめたときに、上下の前歯の前後位置が交差してズレてしまっている歯並びです。咬みづらい咬み合わせです。
叢生(そうせい) 空隙歯列(くうげきしれつ) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
叢生(そうせい) 空隙歯列(くうげきしれつ) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯がデコボコしていて乱杭歯とも呼ばれる歯並びです。八重歯もこの一種になります。歯の重なった部分は歯みがきがしづらく、虫歯や歯周病の原因にも繋がります。 すきっ歯といわれる症状です。顎と歯の大きさのバランスが悪く、歯と歯の間に隙間ができています。 上下の歯を咬み合わせたときに、一部に隙間ができている歯並びです。咀嚼(そしゃく)や発音に問題が生じがちです。 上の歯列が下の歯列のほとんどを深く覆っている状態。歯と歯の接触が強いです。

日本矯正歯科学会認定医が担当いたします

日本矯正歯科学会認定医

当院の特色のひとつは矯正治療に力を入れている点。日本矯正歯科学会認定医である当院副院長の岡山あゆみが専門的かつ高度な知識と技術で、患者さん一人ひとりに最適な矯正治療をご提案しています。歯科医療の中でもより専門性の高い分野がこの矯正治療ですが、認定医が在籍している当院では難易度の高い矯正治療でも対応が可能です。

岡山歯科・あゆみ矯正歯科 副院長 岡山あゆみ

岡山歯科・あゆみ矯正歯科 副院長 岡山あゆみ

略歴

昭和大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学咬合機能矯正学教室にて歯科矯正学専攻

所属団体

日本矯正歯科学会 認定医
日本口蓋裂学会
日本顎変形症学会

受賞

第65回 日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞

取り扱い矯正装置紹介

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置

セラミック製やプラスチック製のブラケットを使った矯正治療です。透明なブラケットは色合いや質感が天然歯に近く、見た目が自然です。

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

一般的なワイヤーやブラケットを使用せず、マウスピースを決められた時間装着することで歯を動かす治療方法です。 マウスピースは透明で薄い素材でできているため、着けていることが分かりづらく、女性や人前で話をされる職業の方に人気があります。

舌側矯正装置

舌側矯正装置

舌側矯正装置は、従来の装置と違って歯の舌側にブラケットと呼ばれる装置を着ける方法で、表からは見えない審美的に優れた矯正治療です。矯正装置を歯の裏側に付けるので、人に気付かれることなく矯正治療を行うことができます。特に職業柄、目立つ装置がつけられない方には矯正装置が表側からは見えませんので、他人に気づかれずに歯並びをきれいにすることができます。

当院に診療予約される方はこちら

文字サイズ
  • 中
  • 大

トップへ戻る